読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのざっきちょう

留年生の楽しい日常

【クラフトビール】ビアワングランプリ2017に行ってきたよって話

そのほか

 

こんばんは。

国内の実力派クラフトビールが集まってその年のNO.1を決めるビアワングランプリに行ってきました。イベントの様子などを書いていきたいと思います。

 ビアワングランプリを聞いたことはあるでしょうか?

僕は今回行くことになるまで聞いたことがなかったです。

公式サイトはこちら

beer1grandprix.craftbeersupport.org

 

2009年から行われているので、もう9回目ですかね。国内で作られているクラフトビールからノミネートされたビールをその場で飲んで・投票して・No.1を決めようってイベントです。参加費は4500円。ちょっとお高め?とは思いました。が、このイベント、飲み放題です。ノミネートされているビールは75銘柄。普段大手のメーカーのビールしか飲まない僕にはいい機会なのではないかな、と思ったので行ってみることにしました。

 

そもそもクラフトビールって何?

はい。本題の前にクラフトビールってそもそもなんなん?地ビールとは違うん?という疑問が僕自身あったので調べてみました。ちなみにビアワングランプリのパンフレットにはこう書いてあります。「日本で地ビールが誕生してはや20年、『地ビール』ブームが去って、『クラフトビール』の時代が到来し、(以下略)」なるほど、わからん。

調べてみてわかったのは、そもそも地ビールブームは1994年の酒税法改正時に規制緩和が行われ、4大メーカー(サントリー・キリン・アサヒ・サッポロ)以外の小規模メーカーの参入によって起きたものでした。しかし、乱立したメーカーの中にはあまり質のいいとは言えないものも多く、ブームは沈静していきました。しかし低レベルなメーカーが淘汰されたこと、品質を追求するメーカーがその後も技術力を向上させていったことなどで、再び小規模メーカーのビールが売上を上げていきました。このように品質の高い小規模メーカーのビールをクラフトビールと呼ぶようですね。

 

さて。

では実際のイベントの様子を書いていきたいと思います。ビアワングランプリ2017は錦糸町のすみだ産業会館イベントホールで行われました。錦糸町駅を南口に降りて正面に見えるマルイの8階にあります。

今回のイベントは14時から18時まで行われるのですが、前売り券を買うと1時間前に先行入場することができます。というわけで13時に到着しました。ビールはお腹が膨れるだろうということでお昼は抜いています。会場へ到着し受付でこれも前売り券の特典の記念グラスを貰います。

今撮りました。これを使って会場ではビールを飲むことができます。ちなみに当日券もあり、そちらでは紙コップになります。

会場に入ってみると…意外に人が多いですね。会場ではすでにビールを飲んで赤くなっている人もいます。老若男女、外国人の方もいますね。家族で来ている方、一人で来ている方もいます。

中央の机のところで欲しいビールの番号を告げコップを渡すと注いでもらえます。

というわけで飲んでみましょう。

これはちょうどグラスにもプリントされている伊勢角屋麦酒のゆずの香エールです。飲むと柚子の香りが広がって美味しいですね。

飲み終わったグラスは中を水で流して違うビールを貰います。

十字のところにグラスを被せるようにして押すと噴水のように水が出てきてグラスの中を洗うことができます。実際にやっているところを撮ろうかと思ったのですが、皆さん並んで順番待ちをして洗っているような感じなので撮れませんでした。

 

流石にビールだけを飲み続けるのはしんどいです。ということで地元の方たちが色々な食べ物を売っていて、お祭りの屋台のよう。焼きそば、ソーセージ、牛タンなどおつまみ系が多いですね。

ソーセージを買いました。ソーセージをかじって油をビールで流す。美味しいですね。付け合せのザワークラウトもさっぱりしてグッド。

 

4時間、先行入場だと5時間とビールを飲み続けるのはしんどいですが、再入場が可能なので外に出てもOKです。

会場の外にはゆったりした椅子が置いてあり、そこには赤くなった顔で寝ている方も。

窓からはスカイツリーが見えます。

カラオケ館の存在感。

途中抽選会や演奏などのイベント、小気味のいいMCも挟みながら酒飲みたちの祭典は続きます。今回僕は参加していませんがビールに関するセミナーなども行われていました。

 

そして終わる15分前ころからいよいよグランプリの投票結果が発表されます。

このイベントはビールの種類によって部門が分かれています。ウィートビール部門・IPA部門・ストロングビール部門など、8部門です。各部門ごとのNo.1が表彰された後、総合No,1が発表されます。

今回1位に輝いたのはOutsider Brewingのピットブルバーレーワイン!

優勝旗が授与され会場からは声援が飛びます。皆さん酔っているせいかやたらテンションが高いですね。

outsiderbrewing.jp

 

優勝旗授与をしてビアワングランプリ2017は終了しました。

 

さて感想ですが、色々なビールを飲むことができるのでビール好きの方にはおすすめです。酔ったテンションのせいか知らない人とも仲良くなれますね。割と飲み続けるのはしんどいのであまり早くは行かなくてもいいかなぁ、というのは個人的な感想としてありますが。あと会場にはアルコールしかないので、水やお茶を持って行くといいと思います。飲み物の持ち込みはOKなので。

興味が湧いた方は来年のビアワンに参加してみてはいかがでしょうか? 運営側のボランティアも募集していましたよ。

 

では。