読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくのざっきちょう

留年生の楽しい日常

スポーツアニメについて調べた話 1960年代編

アニメ

f:id:azukik:20170206220209p:plain

 

こんばんは。

この記事は前回の記事の続編になっています。そちらに概要を記していますのでそちらから読んでいただけるとわかりやすいかと思います。

azukik.hateblo.jp

 

続きを読む

スポーツアニメについて調べた話 概要編

そのほか アニメ

f:id:azukik:20170204231625p:plain

こんばんは。

土曜日は漫然と家にいても親に文句を言われないのでいいですね。

 

さて今回はスポーツアニメについて調べたので、せっかくなので年代別の本数やスポーツの種類などのデータをまとめておこうと思います。

続きを読む

TCGメンバーズカードに入会したのでお得なのか確認してみようって話

映画

こんばんは。

ぼちぼち留年生なりに忙しくなりそうで嫌です。

それはそれとして今日も映画を観てきました。

『フリークス・シティ』という作品です。

フリークス・シティ : 作品情報 - 映画.com

人間・ヴァンパイア・ゾンビが共存している世界に、エイリアンがやってきた! 一致団結してエイリアンをやっつける、のかと思いきやどの種族がエイリアンを招いたんだと殺し合いを始める騒ぎ…そんな中同じ高校に通う人間の少年、ヴァンパイアの少女、ゾンビの少年が協力してエイリアンを追い払おうとする!?

続きを読む

映画『スノーデン』を見てきたから感想だよって話

映画

こんばんは。

早速ですが、映画『スノーデン』を見てきました。

snowden-movie.jp

忘れないうちに感想を書いておきたいと思います。詳しいネタバレはなしです。

 

続きを読む

【散策の街?】ラブホの街、鶯谷をぶらぶらしたよって話

散歩

こんばんは。

今回の記事は前回の浅草から御徒町まで散歩した話の鶯谷編です。

azukik.hateblo.jp

 

鶯谷と言えば。。

ラブホテル街ですね。

むしろそれ以外のイメージがないです。

今回散歩してみてどんなイメージになるでしょうか。

 

続きを読む

浅草から御徒町までお散歩してきたよって話

散歩

こんばんは。

 

お金はなくても時間はある留年生にうってつけな時間の潰し方と言えば…

  1. 勉強
  2. 寝る
  3. お散歩

そうこの3つ。

まず1番を選ぶやつは普通留年しない。

2番は至高です。家から出ないからお金を使わず時間も潰せる。眠れない夜は本を読んで朝に眠くなればそれでよし。

問題点は実家から大学に通っている僕みたいな人にはまず親の目が厳しいですね。

外で寝るという手もありますが、意外と眠れる場所って少ないですよね。冬は公園のベンチも厳しいですね。電車の席での居眠りは最高ですがお金がかかるうえ意外と時間も潰せません。

 

となればやはり三番。お散歩です。

今の季節寒さという敵はありますが、しっかりと防寒をして歩いていれば意外と汗ばむくらいです。時間も潰せる。お金はせいぜい飲食くらい。最高じゃないですか。散歩しながらiPhoneで写真を撮ってインスタグラムかツイッターにでもあげればカメラ男子も名乗れます。名乗れるのかな?

 

というわけでお散歩に行ってきました。

続きを読む

神の存在証明を簡単に考えてみようって話

雑談

こんばんは。

 

まさに期末試験シーズンです。

今日は僕のお気に入りの教授の授業のテストがあったので受けてきました。

専門は14世紀のキリスト教だったかの方なのですが僕の学部は商学部のためそんなに詳しい授業ではありません。哲学や倫理学、宗教などを歴史的に追っていく入門的な授業を多く行っている方です。しかし余談的に語られるお話や意見などが面白いのでこの教授の授業を僕はほぼ全部取りました。留年するのでコンプリートできます。やったね。

 

僕が今とっている授業ではキリスト教神道を中心にさまざまな宗教を比較する形で取り上げ道徳の在り方や宗教の未来についてなどを考えていました。

宗教について扱っているので、当然神様も取り上げられます。

いわゆるキリスト教のGodと日本人の言うカミはイコールではないとかいろいろ面白い話もあります。ヘボン式ローマ字のヘボンさんがGodの訳語として神を充てたけど本当はカミじゃなくジンと読ませて日本のカミとは区別したかったのでは…とか。

いわゆるアブラハムの宗教の唯一神と日本の多神教の風土ではかみ合わなかったりしますしね。

 

まぁ今回僕が漫然と考えたのは神の存在証明についてなのでその話にします。

といっても神の存在証明をしよう、と思っているわけではありません。

神の存在証明そのものについて思ったことのお話です。

続きを読む